レーザー脱毛当日の流れ

@受付後、脱毛する部位のムダ毛をシェーバーなどで処理してもらいます。


A肌の表面を消毒。
セシェービングをした後、しっかりと消毒し細菌などが毛穴から入らないようにします。

Bゴーグルを着用
目を保護するためにゴーグルを着用します。目の周りの毛を脱毛する場合は、専用のコンタクトレンズを着用し、眼球を保護します。


Cメラニンの量を計測します。
計測して、レーザー光の出力調整をします。


D冷却ジェルを塗ります。
肌の表面を冷やすことで、肌へのダメージや痛みを緩和します。


Eレーザーの照射を開始します。
絶えきれないほどの痛みはありませんが、太く濃い毛の部分は輪ゴムを『パチン』とはじいた程度の痛みはあります。

F脱毛が終わったら消毒し患部を冷やします。炎症や腫れを和らげます。


続きを読む
posted by 助手 at 04:09 | レーザー脱毛

レーザー脱毛をするまでの流れ

@カウンセリング予約
カウンセリングから有料となるケースが最近は多いです。
インターネットや雑誌で情報を集め、気になる皮膚科や美容整形外科をチェックします。
その際には、1件に絞らず、2〜3件方法を上げておくと良いでしょう。
カウンセリングに行く前には、自分がどの部位をどれくらいのレベルまで処理をしたいのか(スベスベにしたい、産毛レベルに細くなればいいetc…)を決めておくとスムーズに話が進みます。

カウンセリング日の2〜3日前から、カミソリなどでのムダ毛処理はやめて下さい。
毛質や毛量をチェックしますので、少し伸ばしておくと良いでしょう。


続きを読む
posted by 助手 at 04:07 | レーザー脱毛

レーザーマシンの種類

一口に、レーザー脱毛といってもさまざまなマシンを用いて施術されています。
用途別に使い分けられていることもあれば、サロンやクリニックによって使用している機種が違うこともあります。
そのため機種によって、処理結果は様々ですし、肌に合う合わないなどの個人差もあります。
レーザー脱毛を受けるときには、どの機種を使用するのか確認されることをおすすめします。
こういった事はカウンセリングの際に確認しておくと良いでしょう。


続きを読む
posted by 助手 at 04:05 | レーザー脱毛

レーザー脱毛の理論

レーザーは特定の色に反応して熱を出します。
前述の通り、脱毛で使用されるレーザーにはメラニンの黒色に反応します。
毛根、毛包に含まれるメラニン色素がレーザー光を吸収し、破壊されます。そして毛が再生できないようになるのです。
レーザーは皮膚の表面を通過するので肌を傷つけません。
これが基本的なレーザー脱毛の原理です。


続きを読む
posted by 助手 at 16:37 | レーザー脱毛

そもそもレーザーとは?

レーザー“LASER”とは『Light Amplification by Stimulated Emission of Radiation』の略です。
『放射の誘導放出による光の増幅』という意味です。簡単に言うと、特殊装置で作られた人工的光です。

このレーザーはトランジスタや原子力とならび、20世紀の三大発明の一つです。


続きを読む
posted by 助手 at 16:35 | レーザー脱毛

レーザー脱毛の歴史

レーザー治療は元々、アザやシミ、ホクロの除去に用いられていました。
その治療した部位に毛が生えてこなくなったことから、脱毛にもレーザーが用いられるようになりました。
しかし、当初はなかなか上手くいかず、ヤケドや炎症などのトラブルが多発してしまいました。
それを回避するために、レーザーの出力を弱くすると、今度は毛乳頭をしっかりと破壊することができず毛が再生してきてしまいました。


続きを読む
posted by 助手 at 16:32 | レーザー脱毛

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。