毛の役割

ムダ毛は女性にとって天敵ですが、本来ムダな毛などはありません。
個人差はありますが、全身で150万本前後の毛が生えていると言われています。
体毛には、以下のような働きがあります。


紫外線を吸収して肌を守る
肌に紫外線が吸収される前に毛がブロックしてくれます。


外部の刺激から身を守る
髪の毛が一番わかりやすい例です。紫外線や脳への衝撃を髪の毛がクッションとなります。
他にも、眉毛やまつ毛は目を守り、鼻毛はゴミなどが体内に入るのを防ぐフィルターの役割をしています。陰毛には生殖器の保護する役目があります。また、ワキ毛は摩擦を保護するだけでなく発汗作用もあります。


皮脂を分泌する
皮脂腺でつくられた皮脂が毛をつたって肌の表面にでます。


皮膚と皮膚がこすれ合うのを防ぐ
ワキやビキニラインに濃く太い毛が多いのは摩擦を受けやすいからです。


毒素を対外に排出する
体内の老廃物や毒素は汗や尿として排泄されますが、毛によっても排泄されます。


体温調節作用
体温調節は皮膚がおこないますが、体毛にもその補助的役割があります。
posted by 助手 at 04:01 | 毛のメカニズム
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。