ムダ毛処理前・処理後の注意

肌へのダメージを少しでも軽減するために、ムダ毛処理前後のケアは非常に大切です。

@処理前に肌を清潔にする処理する部位の肌を石鹸、ボディーソープでしっかりと洗います。
菌が入って、炎症や毛嚢炎を起こしてしまうのを防ぐためです。
毛嚢炎などになってしまうと、痕に残ることもあります。


A使用するカミソリやシェーバーなどの汚れをチェック
カミソリは、その都度新しいものを使用することをおすすめします。
シェーバーもヘッドに前回処理したときの毛や、汚れがつまっていないかチェックしてください。
目詰まりしていると、切れ味が悪く肌を傷めます。

B皮膚を温める
毛や皮膚は温度の低下とともに硬くなります。
なので、しっかりと温め、毛と皮膚を柔らかくし、毛穴も開かせてください。
お風呂や、蒸しタオルで温めるとよいでしょう。


C処理後はよく冷やす
どのような処理をしたとしても、肌は多少の炎症を起こします。
水で冷やしたタオルを処理した部位にあて、肌を落ち着かせましょう。
冷やすということは、思っている以上に効果があります。


D日焼け、紫外線を避ける
ムダ毛処理をすると、一緒に角質もはがしてしまいます。
そのため、角質層が薄くなり、紫外線が当たるといつも以上に赤くなってしまいます。
処理した次の日に海やプールに行くときなどは特に注意してください。


※生理中、風邪をひいているときなど体調が優れない時はムダ毛処理は避けたほうがいいです。
体調が悪い時はそれだけ免疫力が落ちています。
処理した場所から菌が入り、炎症や化膿してしまう可能性が高くなります。
posted by 助手 at 03:55 | ムダ毛処理方法〜自己処理編〜
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。