レーザー脱毛の歴史

レーザー治療は元々、アザやシミ、ホクロの除去に用いられていました。
その治療した部位に毛が生えてこなくなったことから、脱毛にもレーザーが用いられるようになりました。
しかし、当初はなかなか上手くいかず、ヤケドや炎症などのトラブルが多発してしまいました。
それを回避するために、レーザーの出力を弱くすると、今度は毛乳頭をしっかりと破壊することができず毛が再生してきてしまいました。


試行錯誤を重ね、1996年、アメリカハーバード大学のウエルマン博士がルビーレーザーによる脱毛に成功しました。皮膚へのダメージもなく、毛乳頭だけをしっかりと破壊することが出来たのです。
しかし、このルビーレーザーはメラニン色素が薄い白人を対象としたものだったため、レーザーのパワーが強く、メラニン色素の濃い日本人にそのまま使用するとヤケド、炎症などの問題が生じてしまいました。
そこで1997年にメラニン色素が濃い有色人種向けにアレキサンドレーザーが開発され、レーザー脱毛が成功しました。
これが日本におけるレーザー脱毛の誕生です。これ以降、レーザー脱毛が急激に普及しました。

レーザー脱毛の歴史はまだ10年と非常に浅く、永久脱毛と呼ぶにはまだ施術例が少ないのが実情です。

もちろんレーザー脱毛でスベスベ肌を実現されている方はたくさんいます^^
posted by 助手 at 16:32 | レーザー脱毛
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。